キャンプ用品

キャンプにおすすめ!コンパクトで丈夫なスノーピーク「焚火台」 Mサイズの特徴まとめ

キャンプ好きには定番のメーカー、「スノーピーク」。

その中でも特に人気の高い商品が、焚火台です。

キャンプ・バーベキューが趣味という方には欠かせないアイテムですよね。

今回は、「焚火台」のMサイズを紹介します。

使い勝手抜群の「焚火台」で、思い出を作りましょう。

薄さ32mmとコンパクト!

「焚火台M」はコンパクトで、女性でも持ち運びが楽です。

平面で構成されており、折りたたむことができるのです。

なんと薄さ32mmほどになり、付属の収納ケース(またはオプションのケース)に入れておけば邪魔になりません。

口コミでは、

「小型なので、シンクで洗えるのも嬉しい!」「お手入れが楽!」

と高評価です。

しかも使い方は簡単、開くだけで3人が囲める大きさ(350×350×248mm)に変身します。

「焚火台M」は、運びやすさがトップレベルなんです。

出典:スノーピーク公式サイト

1.5mm幅ステンレスで丈夫!

「焚火台M」は、丈夫さも兼ね揃えています。

板材には1.5mm幅のステンレスを使用、焚き火・炭火の高温にも耐えられます。

長時間の火入れにもビクともしません。

ユーザーからは、

「一番中の焚き火でも損傷が全く無い!」「大きな炎でキャンプ気分が盛り上がる!」

といった声も。

さらに空気穴が燃焼を促し、見た目的にもクールで、耐久性が高いんです。

出典:スノーピーク公式サイト

豊富なオプション!

豊富なオプションが、さらに楽しい時間を演出します。

例えば、

・「焚火台グリルブリッジM」(火の高さを3段階調整可能)

出典:スノーピーク公式サイト

・「焼アミPro.M」(ダッチオーブンに)

出典:スノーピーク公式サイト

・「グリルプレートハーフ深型」(ウインナー・麺類などの調理)

出典:スノーピーク公式サイト

などがあります。

オプションで機能性を拡張した人は、

「確かに価格は高いけど、スペックは他商品と比べ物にならない!」「一生モノ!」

と絶賛しています。

また、焚火台自体もサイズ違い(S・L)が展開されています。

スノーピークの焚き火台で様々なジャンルのご飯を作りましょう。

まとめ

「スノーピーク」の「焚火台M」についてまとめました。

キャンプに持っていくなら、おすすめの商品です。

特徴①薄さ32mmとコンパクト!

特徴②1.5mm幅ステンレスで丈夫!

特徴③豊富なオプション!

焚火台を買いたいと考えているなら、「スノーピーク」の「焚火台M」がイチオシです。

小型で頑丈、さらに用途も幅広いんです。

高性能の焚火台で、楽しい時間を過ごしましょう。

スノーピーク公式サイト

ABOUT ME
Camp Door編集部
キャンプの入り口としてキャンパーの方へのキャンプ情報を掲載中。 キャンプ未経験の方やキャンプ経験者の方の入り口となる情報を不定期で投稿しています。