キャンプ用品

アウトドアに大活躍のフジカ「ハイペット」を解説!キャンプで暖を取ろう

秋冬キャンプや冷え込む夜に暖を取るために、便利な石油ストーブ。

薪ストーブやガスヒーターよりも広範囲を暖められ、使い勝手も良いので、重宝しているキャンパーが多いです。

石油ストーブの中でも特におすすめしたいのが、フジカの「ハイペット」。

口コミ評価が高く、アウトドアで大活躍すると評判です。

本記事では、フジカハイペットについて、特徴や活用シーン、使用上の注意点をご紹介します。

キャンプの暖房を探している方はぜひチェックしてみましょう。

フジカハイペットの基本スペック

フジカは、熱を活用した多くの商品を販売する企業です。

遠赤外線温熱健康機器やパル・サーモなどの開発で培ったノウハウを、ハイペットにも活かしています。

ハイペットは、日本にとどまらず、アメリカや中国、韓国、ブラジルなどでも特許・意匠・商標登録されている石油ストーブです。

暖房能力だけでなく、省エネ設計や耐久性など機能性に優れています。

アウトドアでも大活躍する石油ストーブで、秋冬キャンプで暖を取るのにおすすめのアイテムです。

商品名ハイペット
価格27,500円~
サイズ310×310×432mm
カラーブラック・ホワイト
重量5.6kg
暖房出力2.5kw
連続燃焼時間フル給油:約10~12時間

フジカハイペットの特徴

フジカハイペットには、熱を扱うノウハウを活かし、魅力的な特徴が多く備わっています。

さっそく5つの特徴を見ていきましょう。

出典:なんでもイロイロやってみよう

広範囲を長く暖められる

フジカハイペットの魅力は、広範囲を暖める暖房能力の高さです。

木造住宅で約8帖・鉄筋コンクリートなら約10帖を暖められるので、キャンプであればテーブル周りやテントな内を十分に暖められます。

燃料満タンで約10~12時間稼働するパワフルさも特徴で、すぐに消えることなく、暖をとれます。

ニオイや煙が少ない

石油ストーブで気になるのが独特のニオイと煙ではないでしょうか?ハイペットは、遠赤外線を使って発熱するので、風が生まれにくい構造です。

そのため、石油のニオイや煙が周囲に広がりにくくなっています。石油のニオイや煙が気になる方でも安心の石油ストーブです。

簡単に点火できる

ライターやマッチなどで簡単に点火できるのも特徴です。

電源など電気を使用しない仕組みを採用しているので、災害時や停電時にも明かりと暖を確保できます。

キャンプでの役割はもちろん、非常用としても持っておきたい石油ストーブです。

高度3,000mでも使用できる耐久性

商品テストにおいて、高度3,000mでの燃焼を確認されているので、耐久性にも信頼があります。

高い高度のキャンプ場で活躍してくれること間違いなしです。

フジカハイペットのおすすめ活用シーン

フジカハイペットは、アウトドアで特に活躍する石油ストーブです。

アウトドアのどのようなシーンで活用できるかご紹介します。

出典:なんでもイロイロやってみよう

秋冬キャンプの暖房に最適

キャンプシーズンである夏を過ぎると、徐々に気温が下がっていき、暖房が必要になります。

寒さが厳しくなる秋冬キャンプでは、フジカハイペットの暖房能力が活躍します。

広範囲を長時間暖め、ニオイや煙も気にならないので、快適に暖かい空間で過ごすことができるでしょう。

キャンプの冷え込む夜の温度管理に

キャンプの夜は、季節を問わず冷え込みます。

寒くて眠れなかったり、風邪を引いて体調を崩したりしてしまうと、せっかくのキャンプも辛いにものになるでしょう。

そこで、フジカハイペットがあれば、寝る前にテント内を暖めるなど温度管理に役立ちます。

1台持っておくと急な冷え込みにも対応できます。

フジカハイペットを使う上での注意点

フジカハイペットは、石油ストーブであることから、テント内での利用や持ち運びなどに注意が必要です。

安全に利用するために注意点をしっかり理解しておきましょう。

定期的な換気が必要

フジカハイペットの燃料は石油であるため、換気をせずに利用すると、ガス中毒や爆発などの危険があります。

そのため、密閉状態での使用は避け、定期的な換気が必要です。テント内に就寝中置いておくなどは危険ですので、絶対にしてはいけません。

重くて持ち運びが不便

フジカハイペットに限らず、石油ストーブは重さがデメリットです。

本体重量に石油の重量が加わるので、持ち運び時に不便を感じるかもしれません。

あらかじめ重さを把握して、持ち運びに気をつけましょう。

まとめ

フジカハイペットの特徴や活用シーン、注意点をご紹介しました。

広範囲を暖める暖房能力やニオイ・煙が少ない快適性、耐久性などの特徴があり、秋冬キャンプや冷え込む夜の温度管理に役立ちます。

ただし、密閉状態での利用は、ガス中毒や爆発の危険性があるので、定期的な換気が必要です。

秋冬キャンプで暖を取るストーブを探している方は、特徴や注意点をおさえた上で、フジカハイペットの購入を検討してみましょう。

ABOUT ME
Camp Door編集部
キャンプの入り口としてキャンパーの方へのキャンプ情報を掲載中。 キャンプ未経験の方やキャンプ経験者の方の入り口となる情報を不定期で投稿しています。